Gherardo Felloni
クリエイティブ・ディレクター

トスカーナ生まれのゲラルド・フェローニは、これまでの人生すべてをシューズとアクセサリーに関わって過ごしてきたといっても過言ではありません。2018年3月にクリエイティブ・ディレクターに就任以来、フェローニはそのユニーク
で豊富な経験値をパリのラグジュアリーアクセサリーメゾン、ロジェ ヴィヴィエにもたらしています。建築家を志していたフェローニですが、ある日、父親から身の回りにある自然の風景をシューズに落とし込んでデザインすることを
勧められます。「建築とシューズデザインには共通するものがあると思っています。いずれも、人間を内包する役割を持った構造体だからです。」フェローニは、生家であるシューズアトリエに加え、名だたるファッションメゾンで経験
を積み、技術を磨いてきました。ロジェヴィヴィエに着任する前の10年間はパリのラグジュアリーメゾンで、シューズ、レザーグッズ、アクセサリーのデザインヘッドを務めています。「ロジェヴィヴィエはいつも、私にとってインスピ
レーションソースでありリファレンスでした。彼こそがシューズのマスター、名匠です。このメゾンで仕事をすることを誇りに感じています。」フェローニが愛するデザイン活動は、インテリアデザイン、アンティークジュエリーの収集、
テノール歌手としてオペラを歌うことなど、彼のアートへの情熱に大きく影響を受けています。