Close
日本(変更)
カスタマーサービス
1

初期

"1907年生まれ。ロジェ・ヴィヴィエはまるでアートのようなシューズを創作したことで、シューズ界のファベルジュと呼ばれました。1924年、彼はパリのスクール・オブ・ファインアートで彫刻を専攻しましたが、その2年後に靴づくりを学ぶため、職人見習いとして働き始めました。 劇場や音楽劇場の世界に魅了され、ヴィヴィエはステージ装飾も手がけました。バックステージで、彼はジョセフィン・ベーカーとミスタンゲットに出会い、彼女たちのためにシューズをカスタマイズしました。"

僕は常にデザインをすることに情熱をそそいでいるんだ。幾度となくスケッチブックを見返しながら、自分のデザインに対する考え方、足の構造にふさわしいデザインであることを確認しているんだ。

僕は常にデザインをすることに情熱をそそいでいるんだ。幾度となくスケッチブックを見返しながら、自分のデザインに対する考え方、足の構造にふさわしいデザインであることを確認しているんだ。

アルチザン

デザインの成功を受け、1937年、パリのロワイヤル通りに最初のブティックをオープンしました。彼にとってヒールはブランドを語る最高のフィールドでした。1954年に「エギュイーユ」スティレット、それに続いて「ヴィルギュル」ヒールを発表し、1963年には自らの名を冠したブランドを立ち上げました。フェミニンなエレガントさに対して真の情熱を持ち、また、有名なフランス刺繍工房の伝統的技術によって、シューズを高尚な芸術作品にまで昇華させる才能を持つ類まれなる職人でもありました。

アバンギャルドではありませんでしたが、それを多くの人たちが追随しました。

シューズにかける情熱

ロジェ・ヴィヴィエは、特別な女性のドレスリストに名を連ねるデザイナーでもありました。1953年の英国の女王エリザベス2世の戴冠式に着用するシューズのデザインをしたばかりではなく、その時代を彩るロイヤルファミリーやセレブリティのシューズを手掛け、ウィンザー公爵夫人、イランのソラヤ王妃、マレーネ・ディートリッヒ、エリザベス・テイラー、ブリジット・バルドー、そしてアイコニックなヒールとシルバーバックルのシューズを映画『昼顔』で着用したカトリーヌ・ドヌーヴの心をとらえました。

アバンギャルドではありませんでしたが、それを多くの人たちが追随しました。