ロジェ ヴィヴィエによる"My Little Surrealistic Theatre"

天才的なチェロ奏者であり、世界的インフルエンサーでもある メゾンのアンバサダー、オーヤン・ナナが、ロジェ ヴィヴィエの 新しいキャンペーン""My Little Surrealistic Theatre""で 幻想的でファッショナブルな旅に出掛けます。

IMG 1.jpg

"My Little Surrealistic Theatre"を読む

クリエイティブ・ディレクター ゲラルド・フェローニと
オーヤン・ナナのコラボレーションフィルムでは、
幻想と現実の狭間を自由に行き来するナナの
頭の中で起こる出来事を垣間見ることができます。
赤いベルベットの幕に囲まれたステージ。
チェロと音楽だけでなく、彼女のイマジネーションを
かき立てるようなシューズとバッグに身を包み、
自由に演奏するナナが映し出されます。
この世界は彼女の舞台です。音楽がナナの頭の中で
ムービーのように奏でられます。ヴィヴィッドな幻想は
彼女の現実となります。赤い幕が上がり、
彼女の夢の中で漂っていたオブジェが目の前に広がり、
光を捉えたシューズと同様にきらきらと輝きます。
ナナはシュールな劇場に近づき劇場の中を見ます。
ホールの鏡をふと振り返ると、今まで見たことのない
チェリスト、スター、アーティスト...女性となった自分が
映し出されています。「これは、ロジェヴィヴィとの
2度目のキャンペーンです。毎回、ゲラルドの制作を
通して違う自分を発見できます」とナナは語ります。
「この制作では、彼が考案した様々なシーンを通じて
彼のシュールなクリエイティビティとイマジネーションを感じ、
私もインスピレーションを得ることができました。
サプライズとハプニングにあふれたコラボレーションでした。」
2020年秋冬コレクションを披露する
"My Little Surrealistic Theatre"は、
感覚とイマジネーションがどのようにマインドに結びつくのか
を探求する「センソラマ」というコンセプトを表現しています。

ロジェ ヴィヴィエが、『私のシュールなプチ劇場』\(My Little Surrealistic Theatre\)を紹介

クリエイティブ・ディレクターのゲラルド・フェロー
ニとオーヤン・ナナのコラボレーションフィルムでは、