ベル ヴィヴィエ - ロジェ ヴィヴィエのアイコン

IMG-1-ART-48.jpg

1965年、ロジェ ヴィヴィエはイヴ・サンローランのモンドリアンコレクションのために、クロームプレートのオーバーサイズバックルがついたクラシックなブラックのパンプスをデザインし、一躍華やかな舞台に躍り出ます。シーズン中このシューズは最も人気のスタイルとなり、フランソワ・プルミエ通りのブティックにはこの靴を求める女性客であふれました。 1967年にはルイス・ブニュエルの映画『昼顔』でカトリーヌ・ドヌーヴが着用したことで人々の記憶に永遠にとどめられ、「ベル ヴィヴィエ」はメゾンの最もアイコニックなスタイルとして一躍有名になりました。

IMG-2-ART-48.jpg